【Audible読書法】何回聴いても「聴くだけ」では分かった気分になるだけ

  • 2018.05.13 Sunday
  • 16:05

 

月日が経つのは本当に早い。

 

記録によると、2015年末ごろからAmazon Audibleを始めて

「歩きながらでも!」「料理洗濯しながらでも!」「満員電車で身動きが取れなくても!」

 

❤・・・本が読める幸せ・・・❤

 

にハマって、だいたい合計300時間くらい(少ないな、倍速だから?)聴く読書をしてきたらしい。

 

確かに、流し読みに最適な本をザクザク読めるのは素晴らしい。

いわゆるワーキングマザー(この呼び方あまり好きじゃない)にとってはありがたい話。

 

でも、思考をまとめる必要のある内容の書籍の場合は、何度聴いてもあっという間に内容を忘れてしまう。

人に説明しようと思っても言葉に詰まってしまう。3回聴いたのに!

 

 

これは結構ショックである。

そうなると、逆に時間を浪費しているような気分になってしまう。。

 

 

ということで、インプット→アウトプットで吸収力を高めるのが課題なのでやり方を変えてみた。

 

メモを取ろうとすることで不自由になる!ということに抵抗があったが、気になる箇所はメモを取るようにした。

(ブックマーク機能もあるのだが、どうもフィットしない。)

 

Audibleの場合はパラパラ速読はできないものの、3倍速までスピードを上げられるので

全体を速読しながらメモを取り、気になるところを熟読するというテクニックに似せた聴き方ができる。

 

自分の場合、メモを取る速読モードは2.5倍速がちょうどいい。

もちろんイヤホンで聴いて、スマホでメモを取るスタイルは結構疲れる。

集中して聴こうとしているのだから当然なのよね…

 

メモを取れない状況では、最高の3倍速にして下読みと割り切る!

または、一度で十分な内容のものを選ぶ。

下読みしておくと、メモ取り→熟読の効率も上がるので全くの無駄でもない。

そもそも英語学習であれば、聴き流しでも全然問題ないだろうし(英語についてはノーコメント)。

 

 

さて、驚いたのは1冊目から。

 

メモを取るようにしただけなのに(熟読時間はさほど取らず)、すごく記憶に残るし

自分の中に出来上がるイメージが強く、「早速試してみよう!」と行動へ反映されるのが早くなった。

 

 

変化は苦痛なことが多いけど、早々に効果を感じると嬉しくなって

継続できるというものだ。

 

 

がんばって続けてみよう。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM